自分の肌の悩みについて

私は幼い頃から自分の肌がベタついたりテカリやすいことに悩んでいました。
さらに社会人になってからは、冬になると頬や脛がカサカサと乾燥し粉を吹いていることに気がつき、インターネットで調べてみると混合肌なのではないかということが分かりました。

レナセルクリアセラムは評判以上の美容液!効果や口コミなどを赤裸々にレポート!

TwitterやInstagram、美容系アプリなど様々な媒体で混合肌に合うといわれるスキンケア用品や方法を探して試してはみましたが、
朝起きておでこを触ってみると浮いた脂が指につき、痒みを感じて脚を見てみると脛がまたカサカサになっていて、朝からがっかりすることの繰り返しでした。

また、お化粧をする時に私は目が悪いためかなり鏡に近づいて顔を見ることになるのですが、眉間に薄く刻まれかけているシワと、目の下のほんのりとした青いクマにも気づいてしまいました。
このままではどんどん疲れた顔になってしまうとさすがに危機感を感じ、
まず生活習慣から変えていこうという気持ちになりました。

無理なダイエットはせず、食べたいものをバランスよく食べる。
白湯を毎日朝晩飲んで身体を温める。
クレンジングと洗顔は毎日優しく行い、柔らかいタオルで拭き取ったあと化粧水でたっぷり保湿する。
あまり難しく考えたり嫌な気持ちを抱え込んだりせず、相談できるものは周りに相談し、
よっぽど深刻なことでなければ「まあなんとかなるだろう」と楽観的に考えて常にニコニコ全開の笑顔はできなくても口角だけは上げておく。
自分の思ったことや上手くできたこと、もやもやすることなどを手帳にばーっと書き込むことで今日の自分をリセットさせる。

こういった行動を心がけて2ヶ月ほど行い続けていたところ、
不思議とお肌の調子が良くなってきて、今までの悩みはなんだったんだろうというくらい現在はしっとりつるんとした触り心地の肌に近づいてきています。
また、前より表情も雰囲気も明るくなったね、と職場の方や友人に褒められたりしています。
女性が仕事などから疲れて帰ってきた時に何よりもめんどくさいと感じる点が「お風呂に入ってお化粧を落とす」「そのあと入念なスキンケアをする」というところかなと思います。
気力がない時に時間のかかるお風呂マッサージなどはできないですし、それをやる暇があるなら早く寝たい、というのが現代のほとんどの女性たちの思いなのではないでしょうか。

私は今内面も外見も綺麗な女性になることを目指しています。
正直スキンケアは最低限のことしかまだできていないですが、毎日夜寝る前にだけでも顔全体を使って笑うことで朝起きた時にちょっとだけ晴れやかな気分になることができますし、
他人のミスに対しても自分のミスにであっても、この経験を活かして次頑張ろうと前向きな気持ちになれるため、鏡を見ると表情も穏やかになってきている気がします。

長くなってしまいましたが、「病は気から」という言葉のように自分の気持ちの持ちようがお肌の調子の善し悪しには大きく関わってくるのではないかというのが私の考えです。
ちゃんと自分のできる範囲で綺麗になろう、そう思ってできることからこつこつと、少しでも自分がハッピーに思えるような行動を積み重ねていけば、
最終的に肌悩みな解決していくだけでなく、心にゆとりが生まれて身の回りも幸せに溢れた素敵な人生が送れるようになるのではないでしょうか。