奈良の本気コスメ発見

コスメが大好きで、旅先ではいつもご当地のコスメが無いか探してしまう私。
現役高校生にありがちな、女の子の日の前のニキビに悩まされていました。
少し前に遡りますが、そんな私が奈良県に旅行で訪れた時のお話です。

http://www.huntbiosciences.com/

奈良公園で鹿と戯れて、国立博物館で貴重な品々を拝見して、最後は楽しみにしていたお土産屋さんでのショッピング。
家族がお菓子や奈良漬を物色している中、私は一人で化粧品売り場にいました。
ですがやはりお菓子ほどは商品の数も多くなく、石鹸や化粧水が数種類並べられている程度。私は特にめぼしいものも無いなとその場を立ち去ろうとしました。
ですが、ふと1000円弱程度のスキンケアクリームが目についたのです。
洗顔、化粧水、乳液でスキンケアを終わらせていた私は、ちょうど乾燥しやすい季節だし化粧水と乳液の間にスキンケアクリームを入れてもいいかもと思い、それを買い物カゴの中に放り込みました。
家に帰り、お風呂に入って早速スキンケア。
化粧水の後にスキンケアクリームを塗ってみると──肌がピリピリする!
びっくりしてさっさとスキンケアを終わらせて就寝。肌に合ってなかったんだろうな、と翌朝おそるおそる鏡を見たのですが、不思議と赤みも皮向けもできていませんでした。
今のところ肌も荒れていないし使わないと勿体無いなと、その夜もまたスキンケアクリームを使用しました。ピリピリは怖いので、薄く塗ってその上から乳液で蓋をした、という感じです。多少ピリピリはしたものの、肌が荒れることはありませんでした。
酒粕スキンケアクリームという名前だったので、肌がアルコールに反応したのかもしれません。確かに、肌の血行が良くなったのかぽかぽか温まるような感覚はありました。
こうして一週間程度使い続けてみたところ、ちょうど女の子の日が重なりました。普段ならニキビが頬や額に大量発生する時期です。
ですがふと鏡を見たところ、「あれっ、いつもよりニキビ少ない! しかも小さい!」と気付いたんです。
生活習慣や食事習慣も変えていないし、変わったといえばスキンケアクリームくらい。
その後もスキンケアクリームを使い続けていると、女の子の日の前のニキビがずっとマシになりました。
仕方のないことだと割り切っていた分、少しでもニキビがマシになったのはとても嬉しいことでした。
奈良県に訪れた際、よければ一度お手にとってみてくださいね。