これだけはした方が良いヘアケア三選

髪は女の命と昔から言われているように、髪の与える印象はかなり大きいと思います。ヘアカラー、パーマなどによるダメージ以外にも

乾燥や紫外線ダメージやお風呂上がりで濡れた状態のまま寝てしまったり、日常の過ごし方でも髪のダメージにも繋がります。

ヘアージュの成分効果や副作用の危険性は?

様々なヘアケアの方法がありますが、これだけはした方が良いというヘアケア方法を厳選三つ紹介します。

まず、一つ目は、お風呂上がりは自然乾燥させずにドライヤーをする。

髪は濡れている状態が最もダメージを受けやすい状態です。ですので、自然乾燥をしていると摩擦などによる髪のダメージを非常に受けやすい状態ですので、濡れたまま寝てしまったりすると寝相などで髪に摩擦などによるダメージがかかるだけではなく、濡れた状態だと細菌も発生しやすいといいます。しっかりと髪をドライヤーで乾かしてから寝ることが重要です。

二つ目は、シャンプー、トリートメントの質を上げる。

サロンでのトリートメントも効果的ですが自宅で毎日使うものの質を上げることで髪のダメージの予防になります。市販のシャンプーの質も段々と上がってきていますが、安いものは安いものなりの原材料が使われています。中には洗浄力の強いものも未だに多くあります。サロンシャンプーでは髪のケアまで考えて作られているので毎日使うことで少しずつ髪質が改善されていきます。

三つ目は、洗い流さないトリートメント

ドライヤーをする際にも髪が乾燥しすぎてしまうことがあります。そのためドライヤーをする前のタオルドライ後に流さないトリートメントを使うことをお勧めします。またある程度ドライヤーで乾かした後の仕上げにも使うことで、ダメージで乾燥している髪に潤いを与えることができます。朝のスタイリングの後にもUVカット効果のある洗い流さないトリートメントを使うと日常の紫外線から髪を守ってくれる効果もあります。

以上の三つは髪のために最低限した方が良いケアです。意識しているつもりで以外とできていないという方も多いのではないでしょうか。

髪は傷ついてしまってからでは切らないと健康な髪に戻すことは難しいです。できるだけ綺麗な状態をキープすることを心がけたいものですね。