嫌な体臭への私なりの抵抗

更年期により体質がガラリと変わりました。特にホットフラッシュがひどく、常に大汗に困っています。
暑い夏は特に気を使います。汗は嫌な臭いとなり周囲の反応が気になりますから。
ホットフラッシュは全身から湧き起こる大汗なので、制汗剤など効くはずもありません。

プルーストクリーム

とにかく清潔を保つことが一番かもしれません。毎日、身体や髪を洗うという当たり前のことをきちんと行うことです。加えてこまめに着替えられれば良いのですが、仕事中はそうもいきません。
苦肉の策として、私はシッカロールを愛用しています。汗のかきやすい首の裏や脇の下つま先等に、トイレに行った時や休憩時間等にパタパタとつけています。あせも防止にもなりますし一石二鳥です。香水の類いは一切つけません。汗と香りが混じって悪臭となってしまいますから。

洗濯の柔軟剤も同じ理由で無臭のものを使います。後は洗髪のときブラシでガシガシ頭皮を洗っています。以前は洗髪後も嫌な匂いがとれませんでしたが、ブラシで洗うようになってから、リンスの香りがするようになりました。

食べ方にも気を使っています。ニンニクやネギなど、臭い材料を使う料理は(例えば餃子とかです)お休み前に作って食べるようにしています。食物の匂いも汗と一緒に外に漏れ出てしまいますからね。匂いは社会でのエチケットですので、良い方法はないかと常に模索しております。