お蔭様で悩み少なき人生

私は子供の時から牛乳が苦手で今でも一切飲まず、食べ物の好き嫌いも多いまま育っていますので”発育”が周囲の女の子よりも遅いと分かる娘時代でした。
小学校の高学年のころ、発育の早い女の子は重いバストを恥かしそうにしていましたので、発育の遅い私はたいへん気楽な思いで過ごせたのはよかったです。
そして私は良く、牛乳を中心とする乳製品の摂取量が発育と関連するのかしらと、小学校高学年のころ既に考えたものでした。

http://caapn-aciipa.org/

実際の所はどうなのでしょうか?
もし関連あるのなら、私が現実のように牛乳嫌いでは無ければ、今頃私の体系は特にバストのサイズの所で大きく変わっていた可能性がありますね。

さて今私は50歳近いので、もちろんバストの大きさなど気にする必要もないという気楽な身分におります。
ですが、20代前半から半ばぐらいまでの結婚を意識するような時期は
女性らしさへの憧れが強まった時期でもあり、バストはないよりはそれなりにあった方がいいと、バストが大きい女性に憧れた時期でありました。

それでも、豊胸手術を夢見たことは一瞬もありません。
ですから、女性の中でも私はずっとバストの悩みは小さい方だと思っています。

女性の中には、豊胸手術も