歯間フロスと舌磨きで手軽に口臭軽減!

私は、15年程前からPMTC(プロフェッショナルメカニカルクリーニング)を受診する為に月一回の頻度で歯科医院に通ってます。

歯科衛生士さんに毎回ブラッシング指導を受けて、自分なりに丁寧に歯磨きをしているつもりでもやはり歯並びの悪い部分や歯間、奥歯の磨きにくい箇所はどうしても食べカスが残ってしまいプラークになってしまいます。

プラークは主に硫化水素、メタンチオール、ジメチルサルファイドの悪臭の発生源です。

先述の通り、磨きにくい箇所の中でも比較的簡単で効果的な口臭除去法は歯間フロス、それに加えて舌のブラッシングだと思います。

歯間フロスは歯科、薬局だけでなく100円均一でも手軽に手に入ります。

http://jflitsjetta.com/

歯間フロスは日本人にはまだまだ浸透してないイメージですが、過去に外国人の方とルームシェアしていたときや、働いていたときに彼らは食後に必ず歯磨きと歯間フロスは行っていました。

彼らの口臭は、どんなに近づいても全くないと言っていいほど無臭でした。

失礼な話ですが、以前口臭の酷い友人に歯間フロスと舌磨きをやんわりオススメしてみたのですが、やはり驚くほど口臭が軽減しました。

歯科医さんいわく「歯間フロスは毎日して欲しい」舌磨きに関しては「絶対に強く磨かないこと」を指導されました。

今の世の中、コロナ禍の影響でマスクをしている人が大半だと思います。

もう一つ最近の体験談なのですが、

先日、買い物に行った先で若い女性の店員さんが至近距離で話しかけてくれたのですが、お互いマスクをしていましたが思わず顔をしかめてしまう程の口臭のキツさでした。

せっかく若くて愛想のいい店員さんだったので、もったいないと思ってしまいました。

歯科医さんは口腔環境を清潔に保つことはコロナ感染症の重症化リスクを軽減するのにもかなり有効だと仰ってました。

その話を踏まえて、今は皆マスクをしていてもコロナ禍以前と変わらず、もしくはそれ以上に口腔内環境や口臭ケアには気をつけていきたいですよね。