意外と重要なデンタルフロス

口臭の原因には、口の中の乾燥や虫歯、歯周病、歯石など様々なようです。しかし、その原因のほとんどは口の中にあるようです。中には緊張やストレスといった精神的なものが原因になっているものもありそうですが、ここでは手ごろに改善できる対策である毎日の歯磨きについて歯医者に行った経験を踏まえながら書きたいと思います。口臭を抑えるための対策としてまず見直すのは歯磨きだと思います。

イニオを飲んだ効果

歯医者では歯と歯茎の間の歯周ポケットを最優先で磨くように言われます。力を加えすぎず小刻みに歯ブラシを動かして磨くのが大切です。ここまでは実践されている方も多いと思います。そして歯磨きに比べて意外と軽視しがちなのがデンタルフロス、いわゆる糸ようじの大切さです。私は歯医者にいくまではフロスをほとんど
使っていなかったのですが、歯と歯の間の歯ブラシでは磨ききれない部分の歯垢を落とすためには欠かせないアイテムのようです。

フロスは費用があまりかかりませんし、意外と重要な役割を果たしてくれます。また、もし最後に歯医者に行ってから数年経ってしまっている場合は歯医者に行って検診を受けてみるのも大切だと
思います。落とせなかった歯垢が歯石になると口臭がするようになるようですし、歯石はほとんどなくても初期段階の虫歯ができていることもあります。歯医者さんに口の中の状態を診てもらい状態を把握することが口臭の改善への近道になるかもしれません。