季節の変わり目と乾燥による荒れ肌対策

乾燥が気になる季節はとにかくお肌の調子が悪くなりがち。

基本的にオフィスや自室でも加湿器などで乾燥対策はしてみるものの、なかなかお肌コンディションが上向きにはなりにくい。

ビューティーオープナージェルは効果あり?

色々と化粧水や美容液、シートマスクにクリームなどでのスペシャルケアを試してみても…あまりにお肌に栄養を与えすぎてもその栄養をお肌が吸収できないのか化粧品との相性が悪いのか一向に納得できる効果は現れませんでした。

そこで、一旦お肌を休ませようと、毎日のケアを出来るだけシンプルにしてみることに。
化粧水もこっくり系ではなくプチプラのさっぱり系を惜しみなくバシャバシャとパッティング。

お肌がしっとり水分で満たされたような感じがしたところで、少量の美容オイルを手のひらに馴染ませ顔全体を覆うように優しくそっと塗り広げていきます。
美容オイルも種類は様々ですが私が使ったのはこちらもプチプラでシンプルなタイプのスクワランオイル。

お肌に乗せてもベタベタしすぎず水分を逃がさないようにしっとりフタをする感じ。

ごくごく簡単なお手入れですがこれだけでも充分お肌が潤った感じがして、そのあとも乾燥によるツッパリ感などは気になりませんでした。

時短にもなるし、お肌にも過度なストレスを与えることなく手軽に続けられるシンプルケアの方が私には合っていたみたいです。

万年ニキビ肌と「さよなら」したい

こんにちは。

私は30代前半の独身女です。

学生の頃から現在まで酷いニキビ肌に悩まされており、今回はその事についてお話ししようと思います。

同じようにニキビで悩んでいる方に、「自分だけじゃないんだ」と少しでも共感してもらえたら嬉しいです。

ととのうみすとは効果あり?私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

初めてニキビができたのは中学生の時。その頃は美容に無関心で、ニキビを見つけると、あろう事か指で潰して「治った」と思い込んでいました。

結果、20代前半にはニキビとニキビ痕だらけのクレーター肌に…。

ようやく危機を感じた私は慌てて肌ケアを始めたのですが、遅すぎました。

化粧水や洗顔料をニキビケア用のものに変えても全く効果なし。

ビタミン剤も飲んだのですが大きな変化はありません。

レーザー治療も考えましたが私は敏感肌で、上手くいかなかった時を考えると恐ろしくて断念。

長年放置してきた肌は想像以上に荒れ果てており、絶望的でした。

そんな状態で接客業のアルバイトをしていた時、心ない客から「あなた、アレルギーみたいな肌してるわね」と言われたことがあります。

気にしている事をハッキリと言われたのが本当に悲しくて、休憩中にトイレで泣いたのを今でも覚えています。

それ以来人前に出るのが怖くなり、道を歩いていると皆が私の肌を見て笑っているような気がして、自分に自信がもてません。

恋愛についても、ファンデーションで隠しきれないニキビとデコボコ肌を見ていると、結婚どころか恋人すら一生できない気がしてノイローゼになりそうです…。

ちゃんとケアしてこなかった自分が悪いのは分かっているけれど、何か良い方法がないかとずっと探しています…。

どうにかしてこの「万年ニキビ肌」から解放されたい。

化粧品に頼る必要もない美肌を手に入れて、心から笑顔になれる日を味わってみたいです。

アラサーにして、初めてニキビに困っています

この夏から、ニキビに困っています。

FACEEリキッドセラムプラスを使用した私の口コミ!使い方や効果などを完全レポート!

食生活や睡眠、生活のリズムに変更はありませんでしたが、
おでこは小さく角質がかたくブツブツになっているようで、
頬~顎は赤ニキビが大量にてきてしまいました。

これまでニキビに対して真面目に悩んだことがなかったので、
3か月ほど放置していましたが、ついに彼氏に「肌が…」と一言言われてしまったので、
皮膚科に行くことを決意し、今年の11月に初診に行きました。

「ディフェリン」という薬を処方していただき、1か月続けたところでおでこのニキビは落ち着きました。

ですが、頬~顎にかけては新しいニキビがどんどんできてしまい、12月中旬の今も、まだ治っていません。

ニキビに悩み始めたところで、肌の悩みのためのTwitterアカウントを作成してみましたが、
アラサーでもニキビで悩んでいる人は多いようで、
「この食品は口にしてはいけない」「銀歯が金属アレルギーに影響してニキビができることもある」

「サプリを飲んだら劇的に良くなった」「処方された薬と化粧水を混ぜて塗ると良い」「シャワーヘッドを変えると良い」

など、やはりインターネットには嘘か本当かわからない情報がたくさん蔓延っていて、取捨選択は難しいなと思い、
やはり病院に通院して、長い目でニキビと向き合うことに決めました。

生理前のニキビをどうにかしたい

中学生の頃からのことです。私、生理前には、必ずニキビができしてしまうんです。レナセルクリアセラムは販売店で市販

普段、生理前ではないときには、全くニキビができないのに、なぜだか生理前だけは、毎月しっかりとニキビができてしまいます。しかも、おでこだったり、こめかみだったり、髪の毛で隠せるようなところであれば良いものの、できる場所は狙ったように目立つような場所なかり。

例えば、鼻の下であったり、唇の下、ほっぺたなどなど。高校を卒業し、化粧がオッケーになってからは、メイクでなんとか隠せると思ったものの、なかなか完全には隠すことができません。また、デートの前日にできたときなんかには最悪です。せっかく楽しみにしていたのに、ニキビ一つで、コンディションが整わず、がーんと落ち込んでしまうんです。

そんな中で唯一の対処法としては、生理前には、なるべく早く寝ること、睡眠時間をたっぷりと確保することです。しかし、仕事で残業は生理周期なんて関係なく発生してしまうから、なかなかにうまくは行きません。女性として生きていく中で生理はなくてはならないものだし、うまく付き合っていかなくちゃいけないけれど、この生理前のニキビはなんとかならないかなと、悩みの種です。

マスクによる肌荒れ 解決方法お伝えします!

世界中で新型コロナウイルスが流行し、私たちの生活スタイルは大きく変化しました。
外出の際はマスクの着用がマナーになってきました。
そんな中、毎日装着することにより肌荒れで悩んでいる方も多いと思います。

マスクによる肌荒れの解決方法で【1番大切なのは保湿】です。

評判以上!モイスポイントを購入して3ヶ月使用した効果と口コミ!

《マスクで肌荒れが起こる原因って?》

①摩擦
マスクの着脱やズレを直すたびに、肌とマスクの繊維がこすれ合い、その度に肌の表面が削れ、デリケートな状態になっています。

②蒸れ
マスクをしたまま呼吸し、会話をすると、マスクの中は湿度が非常に高い状態となっています。室温・湿度が高い状態は雑菌が繁殖しやすい状態です。

③乾燥
マスクを外すと中の湿気が急激に外に蒸散されます。その時、肌の内部の水分も一緒に奪われてしまい肌が乾燥してしまうのです。

《具体的な解決策!》
①基礎スキンケアを徹底する
刺激の少ない基礎化粧品(導入液→化粧水→美容液→乳液)を使用し、毎日のお手入れを入念に行い、肌をトラブルから守れるバリアを作ってあげましょう。

②こすれが気になる所にはニベアの青缶を!
肌とマスクがこすれて、摩擦が起きやすい頬や顎、耳の後ろの部分には特に保護力の高いニベアの青缶を塗りしょう。

③汗をこまめに拭く
マスクの中は雑菌が繁殖しやすい状態となっているため、こまめに汗を拭き取り清潔に保てるようにしましょう。

④マスクの素材を変えてみる
マスクが触れる部分がどうしても敏感になってきているので、低刺激のシルクやガーゼ、コットンなどオーガニック素材の物に変えてみる方法もあります。

⑤かぶれ、湿疹が出てきた!
この症状はひどくなる前に皮膚科さんへ行き、専用のお薬をもらうことをお勧めします。

マスクによる肌荒れでは、保湿をし、清潔な状態を保ち、肌を保護するバリアを作ってあげることが大切です。
毎日つけるマスク習慣にプラスしてお肌のケアも心がけてみてください。

育児疲れで気が付けばボロボロの肌に

35歳で一人娘を出産してから数年間、夫は仕事で多忙なため、ほぼワンオペ状態で育児に全力投球の日々でした。モイスポイント

40歳を目前にして、子どもが幼稚園に通うようになり、昼間の数時間が自分のために使えるようになりました。時間と心に余裕が出てきたため、出産前のようにおしゃれを楽しみたいと思うようになりました。

メイクにも時間をかけるようになったのですが、あらためてじっくりと自分の顔を鏡で見てみると、頬はたるんで毛穴が目立ち、全体的にくすんでいてすように感じます。

ハリやうるおいが感じられない疲れ切った肌に愕然としました。特に頬の毛穴の開きがひどく、顔を鏡に近づけてじっくり見るとブツブツとしていて目をそむけたくなるほどでした。ファンデーションを塗っても、毛穴の凹凸感は隠せないし、いつの間にこんなにひどい状態になったのだろうと、すごく落ち込みました。

もっと早く何か対策をした方がよかったのではないかと悔やまれます。一番は加齢が原因なのでしょうが、ほぼ毎日、娘をお風呂に入れて、拭いて、着替えさせてという世話におわれて、自分のスキンケアは二の次にしていたことも一因なのかもしれません。これからは、きちんと保湿を心がけて、毛穴のひきしめにも力を入れて、毎日のスキンケアも大切におこなっていこうと決めました。

これからはお顔の皮膚に対して悩まない様にと、毎日の努力は必要

数十年前の若い頃ににきびができて、跡が残ったら嫌だなあと思っていました。

http://www.isodp2017.org/

でもその頃にお手入れをすることで、クレーターはつくらなかったのです。

今考えても、あの様なニキビのに対しての対処がよかったのだと感じています。

高校を卒業して、初めて使ったお化粧品はにきびがある私にはきつかったのです。

その為に、今度は違うメーカーのものを使いました。

でもにきびのある私の皮膚には、きついものでした。

今度はそのメーカーでにきび用のお化粧品を使いました。

3回目のお化粧品で、やっと私は自分のお顔に馴染むお品を見つける事ができました。

お顔にお化粧をするにも、自分にあうものとあわないものがあるので選ぶ事は大事と

つくづく感じました。

今考えたら、若いの皮膚はハリがあったけど、

現在はハリが少なくなったものだと思っています。

数年前に小鼻の横が、少しだけ汚く思いました。

凹凸を小鼻の横につくったのでは、人目も気になり自分もとても嫌だと思い、

またお手入れをし始め、お顔の皮膚を大切にしたいと強く思いました。

少し目立っていた毛穴も、お手入れをする事で目立ちが少なくなりました。

じつは子育てが忙しくて、毎日のお顔のお手入れを怠っていました。

年齢を重ねた時でも、若い時にお手入れをしていたら、つるんとした皮膚の状態が保たれます。

子育てが一段落した現在は、自分のお顔に少しのシミと少しのしわとをつくっています。

しみは濃い色にならない様に、

そしてしわは深くならない様にと、食べ物に気を付けて又紫外線にはなるべく当たらない

様にとしています。

毎日の自分のお顔に対しての、気遣いは大切と思うのです。

肌がたるんでしまって、それがすごい悩み

ダイエットに成功して喜んだものの、その分、肌がたるんでしまって、それがすごい悩みです。

そもそも、ダイエットをしようと考えたのは、少しでも若く見せたいと考えたからでした。

やはり、太っているとやや老けて見えるんですよね。http://www.henri-courseaux.com/

かなり厳しい食事制限と、運動を欠かさずおこない、なんとか苦労して痩せることには成功したのです。

体も軽くなりましたし、着たかった服も着れて、自分なりには大満足でした。

細くなって、顔も少しは若く見えるようになったかと思ったら、頬はたるんできてしまい、ほうれい線はひどくなるし、全体的にしぼんだ風船のようになってしまい、これでは逆に老けて見えてしまうと、かなり落ち込んでしまいました。

若いときは、ダイエットをしても肌がたるむということはなかったので、ダイエットをするのはイコール綺麗になるというイメージがあったんです。

ですが、年齢を重ねて40代になると、さすがにダイエットをすると、肌に影響が出るんだなと思いました。

現在は、少し体重を増やそうと、できるだけ食事を多めにとるようにしています。

なんだか、あれだけ苦労をしてやっと痩せたのに、今度は太らなくてはいけないなんて、不思議な話だと思いました。

正しいケアが大切!20代肌の毛穴の黒ずみケアのポイント

毎日きちんとクレンジングで化粧を落とし、洗顔をしているのに、毛穴の汚れが目立つ…

メイクではなかなか隠せない “毛穴の黒ずみ” にお悩みの方はいませんか?

実はクレンジングと洗顔だけでは、 “毛穴の黒ずみ” は防げません!

ポイントは「ビタミンC誘導体」が入った化粧水で行う「コットンパック」です。

http://www.secretgarden-deco.com/

1.なぜ “毛穴の黒ずみ” ができてしまうの?

毛穴には、皮脂や角質、落とし切れていないメイク汚れが混ざってできる “角栓” がたまります。

特に肌が乾燥していると毛穴が開きやすくなり、大きな角栓がたまりやすくなってしまいます。

こうしてできた角栓が空気に触れて酸化すると黒くなり、黒ずみ汚れとして目立つようになってしまうのです。

2.そこで効果的なのが「ビタミンC誘導体」

ビタミンCには抗酸化力があり、角栓の黒ずみを防ぐ働きが期待できます。

ところがビタミンCは水に溶けやすい性質を持っています。

肌は脂質の膜でできた細胞でつくられているので、塗ってもはじかれてしまいます。

そこで肌に浸透しやすくしたのが「ビタミンC誘導体」です。

これはビタミンCの抗酸化力を最大限に発揮されるように改良されたものです。

3.1カ月使ってみた結果

私はいわゆる “イチゴ鼻” で、この毛穴の汚れさえなければ…とメイクする時いつも憂鬱な気持ちになっていました。

何とかしなければ!と思い、「ビタミンC誘導体」を含む化粧水を使って毎日コットンパックをしてみました。

その結果、1カ月後には「肌きれいだね!」と言われるまでに、毛穴の黒ずみが改善されたのです。

毛穴の黒ずみだけでなく、肌荒れもしなくなって本当に嬉しかったです。

「ビタミンC誘導体」が入っている化粧品はたくさんありますが、私のおすすめは「ちふれ 美白化粧水VC」です。価格は税込880円とプチプラで、1カ月のコットンパックケアにぴったりです。

お肌がキレイになればメイクのノリも良くなり、気分も上がること間違いなしです。

「ビタミンC誘導体」化粧水でのコットンパック、皆さまもぜひ試してみてくださいね!