激しい抜け毛を助長する要因は小麦粉かもしれない

趣味の一つは料理で作るのも大好きですが食べるのも大好き、作った料理を振るまって美味しいといってもらうのはとてもうれしいです。しかしここで一つ問題が生じてしまうのですが、なぜかある種類を食べるとバサバサと抜け毛が多くなるということです。元々毛量はとても多い方であり、髪を一つで束ねるとまるで綱のような太さがあります。
ノ・アルフレ

太くて毛量も多いしっかりした髪の毛は恵まれていますが、食べるものによって髪の毛が恐ろしく抜けるようになったのです。子供のころは気が付きませんでしたが、大人になってから気が付き始めました。その一つは小麦であり、困ったことに小麦を使った料理も食べるのも大好きです。

特にパンや焼き菓子は大好物、作るのも好きでよくパンを焼いたりケーキやクッキーを焼くこともあります。誰かにあげるにしても必ず味見をしますが、食べたらその翌日には髪の毛がポロポロ抜けてしまうという有様です。焼き菓子やパン類などだけではなく、調理をする際に小麦粉を使う頻度は高め、そのためシチュー類の煮込み料理や揚げ物料理も、小麦をメインにした麺類も危険なゾーンです。

最初はわからなかったものの抜け毛が猛烈に増えて、気になっていた小麦を食べない日を数日設けてみると収まり、小麦粉が抜け毛の発端だとわかったのでした。

人からは羨ましがられる私の髪の悩み

自分で言うのも何だが、生まれつきツヤツヤの、いわゆる天使の輪が出来るようなストレート黒髪の私。これは遺伝だろうからまず親には感謝したい。昔から、特にくせ毛や天然パーマの子からは常に羨ましがられてきたが、実は髪の量は多いし、朝目覚めて寝ぐせがついていると髪を洗わない限り直らないので、毎朝起きたとこ勝負だ。ある朝は真正面から見てすべての髪が左側にはねていたこともある。

http://www.moulin-de-bully.com/

おそらく左半身を下に向けて寝たからだろう。案の定まったく髪の毛は直らないので一つ結びにするしかなかった。パーマをかけてみてもすぐにゆるゆるになり、手で髪をといてしまうクセもあるので、しっかりかけたパーマも結構早い段階で中途半端なヘアスタイルになってしまう。しかも年齢と共に以前のツヤツヤ度は落ち、最近ではパサパサ感が見え隠れ。それに加え1日の終わり、時間が経つとなんだか脂っぽく、自分で髪をさわるとしっとりしている。

これを人に話すとひんしゅくを買うのでなかなか言い出せない。この悩みを誰に話せばいいのだろう?私の髪を担当している美容師さんにも「寝ぐせ具合でその日1日が決まるのが嫌だ」くらいしか話せてない。贅沢!とかこんな髪になりたい!と言われてしまうのが目に見えているからだ。贅沢かもしれないが私には私なりの髪の悩みがあるのだ。

髪にコンプレックスを持って生きてきた

昔から髪にコンプレックスを持っていた。

硬い、太い、多い、の三重苦。

ノアルフレシャンプーは評判通り?

小さい頃から髪型をおかっぱにされれば、コケシかちびまるこちゃん。ショートカットにされれば、髪の多さとハチの張りのせいで、それはそれはおさまりがつかず大変なことになっていた。

年頃になれば髪をおろすことを嫌がり、とにかく結ぶ。結んでさえいれば落ち着くのだ。

でもやっぱり髪のキレイな子に憧れを持つ。

サラサラの髪の毛を伸ばしておろしているなんて、私にとって夢のまた夢。

私はその憧れを高校卒業と共に叶える。

縮毛矯正をしたのだ。

金額は高かったが、憧れていた理想通りのサラサラツヤツヤの髪を手に入れた。その日を今でも覚えている。その日から本当に髪の悩みから解放された。

周りの人から生まれて初めて「髪の毛キレイだね」とも言われた。

とにかくうれしかった。

このまま縮毛矯正を続けようと思っていたのに、やっぱりそこは若気の至り。

次は初めてのカラーとパーマに挑戦してしまった。

剛毛にカラーは正解だが、パーマは手に追えるのだろうか。

結果は意外とよかった。

そこで初めて、髪の毛をぺったんこに真っ直ぐにすることだけを考えてきた思考が終わった。

それからは色んな髪色髪型に挑戦している。

でもちょくちょく出てくるストレートヘアーへのこだわり。

最近はショートカットにしていることが多いが、美容院で「ハチが張る方は上の方をボリューム出してひし形のシルエットにするといいですよ」なんて言われる事が多いが、私の中では髪にボリュームを出す事は未だにタブーなのだ。

今でも毎朝髪にアイロンをしハチの辺りはしっかりワックスで押さえている。

きっと一生そのコンプレックスは消えないだろう。

前髪の白髪が気になる

30代前半の主婦です。

今までは自分の髪について、特に悩みはありませんでした。

どんなカラーにしよう、今度はボブにしてみようかな?などと前向きな悩みばかりでした。

ノ・アルフレの口コミ感想

しかし、コロナ禍になって、外出を控えるようになり、今まで2ヶ月に1度は通っていた美容院に半年以上行っていませんでした。

すると、前髪を中心に白髪が増えていることに気が付きました。

白髪は前髪に数本ある程度かな、と自分では思っていましたが、それはこまめに美容院でヘアカラーをしていたおかげだったようです。

実際には、数十本の白髪がびっしりと生えていました。

白髪に悩むのはあと5年ほど先かな、なんて思っていましたが甘かったです。白髪とのおつきあいはもう始まっていました。

日頃は私の服装や髪型にはノータッチな夫にも「白髪を染めたほうがいいよ」なんて言われる始末でした。

混雑していない時間に美容院を予約して、初めてマスクをしながらカットとカラーをしてもらいました。

美容師さんの技術はやはり偉大です。オシャレ染め用と白髪染め用のカラー剤を混ぜて施術してもらいました。

伸びきった髪も整えてもらってすっきりしました。

これから白髪と長いお付き合いが始まるのは憂鬱ですが、上手につきあっていきたいと思います。

髪が太くパサパサで最悪な髪質と闘争中

私の髪は子供の頃から一本一本の髪の毛が太くパサパサとしています。http://www.miele-rancido.com/

しかも、髪の量も多くくせ毛でもなるためかなり手ごわい髪の毛です。美容師さんにも「くせ毛が強くて毎日大変じゃない?」とよく言われます。もちろん、私も自分の髪の毛に対して何もしていないといわけではなく、様々なヘアオイルを使用してみたり、少し値段の高いトリートメントを使用してみたり、定期的に美容室に通ったりと髪に良いと思ったことは様々なことをしてきました。

しかし、何をやっても改善されることはなく前より少し良くなったかな程度して変わりませんでした。

ショートヘアーに憧れてやってみても私の髪の毛だと理想の髪型になることは不可能でした。いっそのことストレートパーマにしてしまおうと思ったのですが、そうすると何度もストレートパーマにしなければいけないのではと思い、そんな余裕がない私は諦めるしかありませんでした。

今はとりあえず髪を洗った後にヘアオイルをつけて乾かしているので少しだけ良くなりましたが、やっぱり女優さんみたいにサラサラヘアーになりたいといつも思います。サラサラヘアーになれば様々なヘアスタイルに挑戦できるので、少しの間だけでもいいからサラサラヘアーになってみたいです。

女性の命!髪の毛の悩み

女性にとって髪の毛は命のようなものですよね。自信をくれるそんな一つの存在なのではないでしょうか。

そんな髪の毛もなかなかお手入れが大変で、悩まされたりすることが多いと思います。私自身、髪の毛の悩みが尽きません。まず、くせっ毛であること。母が同じくくせっ毛で、その血を受け継いだためにクルクルな毛質になってしまいました。

これに関しては小学生くらいからの悩みで、中学生くらいからは定期的に縮毛矯正をかけなければ毎朝ヘアセットするのが大変でした。今では、長年に及ぶ縮毛矯正のおかげで、クルクルだった毛質も人並みに近いものになってきました。そうなった今の髪の毛の悩みは、ダメージです。

年、枝毛と切れ毛に悩まされていますが、冬の時期は特にパサつきが気になります。トリートメントなどでケアをしていても、なかなか改善されるものではないんですよね。月に1回程度で美容室に行き、トリートメントしてもらうことができれば少しはいいのかもしれませんが、なかなかそういうわけにはいきません。

友人は2週間に1度のペースで美容室に行き、ケアしてもらっていると言っていました。そんな友人は、いつもツヤツヤでパサつきとは無縁のような髪の毛をしています。本当に綺麗で羨ましい限りです。「綺麗だな、素敵だな」と人に思わせることができる髪の毛っていいですよね。

私も自分の髪の毛を人が見て、そう思ってくれたら自分の自信にもつながると思います。だから、私もそんな友人を見習って、女性の命である髪の毛ともっと向き合っていこうと感じました。

私のパサパサ髪の補修方法

海外に住んでいて水が合わなかったのかプールに入ることが多かったせいかまた、日差しが強く日焼けしてしまったのも原因の一つかもしれませんが髪がパサパサでどうしようもありません。ストレートパーマもかけているのでなかなか補修できず色々なシャンプーやトリートメントを試してきました。

カラーもしている為髪のキューティクルもなく水分もない状態でした。毛量も多く本当にセットのしにくい髪質でしたが美容師さんに希望をしっかり伝えて自宅でもケアーしながらセットのしやすい髪形にできました。髪はショートに切り、毛量を減らしました。またカラーは傷みがわかりづらいように暗い色また赤系を入れました。

サラサラの仕上がりを好む為、ボタニカル系のシャンプーはさけてサプリメント配合のシャンプーを使うようにしました。

洗い流すタイプのトリートメントは美容院でcotaというトリートメントを使用することによってドライヤーをしてもべたつかずシットリかつサラッとした仕上がりになりました。髪が落ち着いてきたらミストタイプの洗い流さないタイプのトリートメントに変えました。同様にcotaのシリーズで香りもよくて汗のかきやすい夏にはお勧めです。

ブローはブラシ付きドライヤーを使用してトラブルだらけの髪質とうまく付き合っていくようにしています。

美容室で髪を染める時の悩み

私の髪の悩みはいくつかあるのですが、その中で最近よく悩んでいることを書きたいと思います。どんな悩みかというと、美容室で髪を染める時自分の思い描いていた色に染まらないということです。

原因は私の地毛の髪が人より赤みが強く残りやすい性質を持っているからだそうです。

日本人は欧米人よりカラー剤を付けた際赤みが残りやすい傾向にあるそうなのですが、美容室の方いわく私は特に赤みが強いそうです。

そのため、ブリーチをしても黄色や金色にならずオレンジ色になります。そのあとに自分の染めたい色で染めてもらうと思っていた色にならないことがとても多いのです。

ブルー系の色が好きでよく世の色で染めるのですが、出来上がりは結局普通の茶色のような色になったり、染まってもすぐに落ちてしまったりします。4回ぐらいブリーチはしているのですが、それでも赤みは人より強く残っているそうです。

最初のブリーチの時より徐々に赤みは消えてきているようなので、まだこれからも何回かブリーチしたいと思っています。美容室の方は、こんなにブリーチしているのに髪があまり痛まなくてすごいとほめてくれるので、ブリーチはしようと思うのですが髪が痛まないようケアはしっかりしようと思っています。

ただのボブにするために毎朝毎朝頑張っている

私の髪の毛は一見ストレートボブ。

だって毎朝洗面台のシャワーで全部濡らして丁寧にブローしてますから。そう、ただのボブにするために毎朝毎朝頑張っているのです。

私はクセ毛です。えりあしは特にクセが強いです。なんとか重力に逆らおうと意思さえ感じます。

君たちはなぜそんなに重力に逆らうんだい?

私たちは月へ行きたいのです!

とまぁ、そんな感じです。おっと、やや妄想癖が飛び出してしまいました。

ところで。そんなクセ毛の宿主である私ですが、毎朝起きるたび、えりあしどころか髪の毛全部がうねうねしまくり、まるでメデューサです。家族にも毎朝「お前の頭、ほんとにすごいよな。どうなってるんだ?」と言われます。良く言えばメデューサ、悪く言えば爆発です。

水の霧吹きとか濡らしたタオルで拭くとか、そんなレベルでは直すことは不可能です。実際シャワーで全部濡らすと乾かすのが手間なのでやってみましたが、寝クセが全く治らなかったです。強いクセが必ず残るので全然ダメ。

雨の日や湿気の多い日、暑くてたくさん汗をかくときなど、本当に最悪です。せっかくセットしたのに数分でボンバーマンになっていきます。もうほんと、どうしたらいいんだろう。ストレートのムースとか使ってるけど湿気には敵わないよ。湿気の多い時期を乗り換えるには縮毛矯正しかありません。

毎朝メデューサから人間になるの、ほんとめんどくさい!