いろいろと髪の悩みがあります

私は、40代の男性ですが、40を過ぎてからいろいろと髪の悩みが出てきました。まづ一つは白髪です。揉み上げや横の部分が白くなり気になります。最近は、髪全体にちょこちょこ白髪が目立ってきています。良く人に黒く染めればと言われますが、私は肌が弱く染子などは使えないのです。無理に使うと頭皮があれてしまい髪が抜けるような思いをするからです。

http://www.ericbellionvendeeglobe2016.com/

対策としては床屋さんで、白髪ぼかしをしてもらい極力目立たたないようにしてもらっています。そして二つ目の悩みは髪にボリュームがなくなってしまったことです。朝セットしても直ぐにぺちゃんこになってしまいます。髪型が決まらないのです。若いころは髪を立たせ気味にしてカッコつけてましたが、今はそれが出来なくなりました。整髪料を使ってもそう長くは持ちません。おまけに髪が細くなってきているので、余計にお粗末な感じになっています。

そこで私の考えた対策ですが、髪を常に短く保つことにしました。ある程度短ければボリュームのなさや細さもあまり気にならなくなりました。今は髪の短い自分になれましたが、やはり前のようなツンツン頭に戻れたら戻りたいと時々思います。これから先も髪の悩みが尽きないように感じます。

白髪と友達になっちゃおうかな?

あ~あ、ただの愚痴になっちゃいますけど、白髪染めって本当に大変です。
髪は自然に伸びて来るので仕方ないのですが、鏡を見るたびに「ここにもあった、あれ?ここにも」と見つけるたびに出るのはため息ばかり。
やっとの思いで染めても、しばらく経って気が付くとまた1本、2本…。
それどころか耳の上の当たりの髪を持ち上げると隠れてた白髪がどっさり顔を出してくるんですよね。

http://www.lightofeastensemble.com/

時折ネット上で「もう3か月白髪を見ていません」なんて言うウソのような白髪染めの広告を目にすることがありますが、
あれって本当なのでしょうか?
この商品は「医薬部外品です」といううたい文句で売られていたけれど、私が普段買ってくるものも、箱の裏側を見るとどれも「医薬部外品」と書かれてあります。

そこで改めて調べてみました:
医薬部外品とは、薬機法によって定められた医薬品と化粧品の中間の製品。 一部のビタミン剤や薬用化粧品、歯磨き粉など。 薬局だけでなくコンビニやスーパーなど薬剤師がいない場所でも販売が可能である。

なぁんだ、やっぱり普通にあちこちのお店で売られている白髪染めと同じなんですね。

いくら上から染めても、シャンプーのたびに色は自然と落ちていくし、
生きているんだから、自然と髪は伸びてきて、白髪は白髪として元気いっぱい伸びて来る。
だったら「あぁ~まただぁ~」と思うことをやめてみようかな?
もしも「白髪ちゃんこんにちは」なんて風に思えたら、人生がもっと楽しく変わるかも?